今話題の「腸活」。腸は体の免疫機能を司る器官です。

最近良く耳にする言葉に「腸活」がありますよね。

乳酸菌が少しブームになっていて、乳酸菌配合の食品や飲み物もスーパーなどでよく見かけます。

実際に、人間の腸というものは健康的な生活を送る上で重要な器官なのです。

今回の記事では、その重要な器官「腸」について書いています。

ご参考になれば幸いです。

免疫機能の80%は、腸に存在している

最近では、人間の免疫機能は小腸に70%、大腸に10%、つまりは80%が腸に存在しているということが分かってきました。

その腸の免疫力を上げる方法としては、腸に善玉菌を増やして、腸内環境を良くすることです。

人間の免疫機能の98%は眠ったままだと言われています。

それはなぜかというと、腸内の善玉菌が不足しているからです。

腸内が善玉菌で覆いつくされたときに、免疫機能が活性化されるといいます。

腸内環境を良くするためには善玉菌を増やすことが大事なのです。

善玉菌を増やして免疫力を高める

腸内環境を良くするためには、腸内の善玉菌を活性化することが必要となってきます。

みなさんも良くご存じの、乳酸菌やビフィズス菌、これらが善玉菌の代表格です。

これら善玉菌は外部から入ってくる有害な菌に対して、免疫力を高める働きがあります。

一方で善玉菌に対して、悪玉菌も存在します。

あまりなじみがないかもしれませんが、ウェルシュ菌やブドウ球菌などが悪玉菌です。

これらは、腸内環境を悪くします。

発がん性物質や毒素のある有害物を作り出して、抵抗力を弱めてしまいます。

何をすれば悪玉菌が増えるかと言うと、消化の悪いものを食べ続けたり、食べ過ぎると腸内の悪玉菌は増加します。

悪玉菌が増加すると、善玉菌は減ります。

その逆もありまして、善玉菌が増加すると、悪玉菌は減ります。

年齢を重ねていくとともに、腸内の悪玉菌が幅を利かせるようになってきます。

善玉菌が減って、悪玉菌が増えます。

これにより、歳を重ねると病気になりやすくなったり、不調が長引いたりするのです。

この世に生まれたばかりの赤ん坊の腸は善玉菌で覆いつくされていますが、さきほども例にあげた善玉菌の代表格であるビフィズス菌も、40歳くらいから急速に減少して、私たちの腸内の免疫力を低下させてしまうのです。

つまり、歳を重ねても腸内環境を善玉菌が多い状態にしておけば、いつまでも健康で不調を感じることが少ない体にできるわけです。

腸内環境を良くしておくこと=免疫力の向上

となりますので、最近言われている「腸活」はまさにその通りだと言えますよね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。