酵素の力を妨げる食品について知っておきましょう。

酵素の力でダイエットや健康的になるという目標をお持ちの方へ、知っておかなければならないことがありますのでお伝えします。

それは酵素の力を妨げる食品についてです。

食品にはせっかくの酵素の摂取を無駄にしてしまうものもあります。

現代社会では口に入れるものの取捨選択はなかなか難しい問題ではありますが、知っていて意識的に選択するのと、全く知識がなく適当に選択するのとでは意味が違ってきますよね。

この記事では、酵素の力を妨げる食品についてお伝え致しますので、ご参考頂ければ幸いです。

酵素の力を妨げる代表的な食品

  1. 砂糖
  2. 肉や魚
  3. 加工食品(食品添加物)
  4. 悪い油(トランス型脂肪酸、リノール酸【摂りすぎがダメ】、酸化した油)

砂糖

砂糖は消化酵素でもなかなか処理できない代表格のものです。

スイーツの食べ過ぎなどは確実に免疫力を下げ、病気の元となります。

甘いものの摂りすぎに注意というのは、酵素的にも言えることなのです。

肉や魚

肉や魚などの動物性たんぱく質も消化酵素でもなかなか処理できないものです。

消化不良の原因となり、免疫力を下げることとなります。

かといって通常の生活を送るにおいて、肉と魚を食べない生活というのはベジタリアンでもない限り難しいと思いますので、ほどほどに食べるというスタンスを貫いてください。

何でもそうですが、食べ過ぎは良くないです。

加工食品(食品添加物)

加工食品には食品添加物が大量に使われています。

この食品添加物が一番悪さをします。

  • 合成保存料
  • 酸化防止剤
  • 合成着色料

スーパーにならんでいる食品にこのようなものを含む食品が並んでいます。

インスタントラーメンやポテトチップス、ビーフジャーキーなど添加物を大量に含むものを食べることで酵素を破壊し、酵素を大量に消費します。

また怖いのはガンの原因になるという話もあるほどですから、十分に吟味して手に取られることを推奨します。

悪い油(トランス型脂肪酸、リノール酸【摂りすぎがダメ】、酸化した油)

  • トランス型脂肪酸トランス型脂肪酸とは、「マーガリン」の原料です。
    これは日本では普通に発売されておりますが、実は人間の栄養素を食い散らかすような人工物なのです。
    マーガリンの摂り過ぎは危険なので、避けてくださいね。
  • リノール酸「必須脂肪酸」なので、適量を摂るには良い油なのですが、過剰に摂ると脳卒中やがんの原因になると最近分かってきました。
    スナック菓子やマヨネーズに多く含まれています。
    こちらもほどほどにしてください。
  • 酸化した油油は長時間経つと酸化します。
    この酸化した油が、活性酸素の一部を生み出します。
    活性酸素は体に悪影響を与えるもので、つまりは揚げてから時間の経った揚げ物、唐揚げやかき揚げなどは食べない方が良いということです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

女性の悩みと酵素の関係

酵素を生活に摂り入れる上で大切にしたい3つのこと

酵素サプリメントを選ぶポイントって何?

酵素不足は体に不調の原因となります。

酵素で代謝を高める!代謝を高めて健康にダイエットを!

消化不良が体の不調の原因となる?