酵素不足は体に不調の原因となります。

酵素不足であると、体の不調を感じやすくなります。

酵素不足にならないための方法をこの記事では書いておりますので、ご参考になれば幸いです。

酵素不足かどうかの確認をしましょう。

あなたが酵素不足かどうかを以下のご質問にて確認します。

試しにやってみてください。

□ 疲れやすい、体のだるさを感じる
□ 頭痛がする
□ 活力がない
□ 疲れが取れない
□ 肩こり、腰痛が酷い
□ 体中の関節が痛い
□ 尿が臭い、色が濃い
□ 尿の出がいつも悪い
□ 便やオナラの臭いが酷い
□ 便秘、または下痢をよくする
□ よく目まいや耳鳴りがする
□ 手足の冷えを感じる
□ むくみがある
□ 足がつることが多い
□ げっぷがよく出る、胸焼けがする
□ 口臭が酷い
□ 食後に眠くなる
□ 目の下のクマが気になる
□ 肌荒れや肌にかゆみを感じる
□ 白髪が多い
□ 咳がひどい
□(女性の場合)生理痛、生理が不順である

ご確認できましたでしょうか?

チェック項目が多くなれば、多くなるほどアナタの体は酵素不足だということになります。

上記の項目は全て酵素不足によってもたらせれている不調ですので、酵素不足という結果になってしまっている場合も、酵素をちゃんと摂ることによって体の調子を良くすることはできます。

酵素不足という結果が出たけど、酵素不足を無くすためにはどうしたらいいのか?

酵素不足を無くすためには、当たり前ですが酵素を摂ることを心がければよいのですが、どのように酵素を摂るのが良いのでしょうか?

酵素は生野菜や果物に豊富に含まれています。

なぜ「生」野菜かと言うと、酵素は熱すると死滅してしまいます。

なので、「生」で食することが重要となってきます。

酵素を摂るのと同時に日本人が昔から食してきた「発酵食品」を食べることで、腸内環境を整えることも大事です。

発酵食品の代表格と言えば、納豆、漬物、味噌、醤油などですが、これらをできれば毎日摂ることで、腸内環境を整えることができます。

腸内環境が良くなれば、代謝酵素を活性化されるのにも役立ちますので、消費酵素の無駄使いを防ぐことにつながり、体の不調を感じにくくすることになります。

酵素をたくさん取るために、必ず生野菜や果物を1日に1度は摂れるように考えて行動してみてください。

外食が多い人も、できるだけ外はラーメン屋やどんぶりものの店ではなく、定食屋で1品に野菜サラダを取るなどして、生野菜を食べる機会を増やすことが酵素を摂り入れるなかで重要なことです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

酵素の力を妨げる食品について知っておきましょう。

酵素サプリメントを選ぶポイントって何?

酵素で代謝を高める!代謝を高めて健康にダイエットを!

酵素を生活に摂り入れる上で大切にしたい3つのこと

排泄、消化、吸収、酵素の3つのサイクルで生活しよう。

消化不良が体の不調の原因となる?